キャッシング 金融サービス チェッカー

キャッシング 金融サービスなどお金を借りたいときにお役に立てる情報満載

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告
Trackback [x] |Comment [x]
最近の金融業界を取り巻く状況も急激な変化がでています。
今日の朝日新聞に取り上げられた記事で、ノンバンクの再編加速に
関する記事がありましたので、ご紹介します。

2008年2月29日朝日新聞朝刊より一部転載

「クレジットカードや信販、消費者金融のノンバンクの再編が活発に
なってきた。三井住友フィナンシャルグループが傘下ノンバンクの統合
に乗り出すなど、メガバンク主導で業界地図が塗り変わる展開が続く。
貸金業の規制強化でノンバンクは有益力が低下。巨大化で生き残りの
道を探るが、業界の寡占化が進めば「借り手」への影響もありそうだ。

・・・・・中略

ノンバンクなど貸金業は、過払い利息返還金の急増に加え、「灰色金利」
の撤廃、個人への融資総額を年収の3分の1以下とする「総量規制」の
導入が決まり、「三重苦」の状態だ。
特に直撃を受けているのが、消費者金融業界だ。」

・・・・・以下略
ここまで

このように、消費者金融業界を取り巻く環境は急激に変化してきています。
規制強化は消費者保護の観点から打ち出されていますが、このことに
よって、キャッシングを利用する、あるいはしている借り手にも、影響が
出てくる事は間違いありません。

おそらく、今後は審査基準もより厳しくなると考えられますし、消費者金融
に依存していた借り手が、融資を受けられなくて困る状況も考えられます。

そのことも含めたセーフティネットを考える必要があるのではないでしょうか。

スポンサーサイト
スポンサードリンク
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::
ブログ内検索
人気ブログランキング
外部リンク
SEO・アクセスアップ
キャッシングサービス関連リンク
お気に入り
RSSフィード
SEO対策:ローン SEO対策:クレジット SEO相互リンク.com 相互リンクのビックチャンス!
X-Signpost Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。