キャッシング 金融サービス チェッカー

キャッシング 金融サービスなどお金を借りたいときにお役に立てる情報満載

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告
Trackback [x] |Comment [x]
キャッシングの一本化ということを聞かれたことがあると思います。
複数の金融業者からキャッシングしている場合、
合計金額が分からなくなってしまっている場合が多いでしょう。

そのような状態で金利の低いところに申し込んで見ても
断られることが多いのではないかと思います。

そこで、まず、どうしたらいいのかと言うと、
たくさん借りているキャッシングを一つずつで良いので
減らしていくようにします。
そして、最終的にキャッシングの一本化をしていきます。
つまり、借りてる件数を1件にまとめてしまうということです。

キャッシングの審査の重要な点は合計の金額より合計の件数だそうです。
まずは合計の借入件数を減らしていくことで最終的にいくつかの
キャッシング会社にまとめていきましょう。
件数が少ない方が金利の低いキャッシング会社でも審査に通りやすくなります。

ある程度の件数にまとまった時点で金利の低いキャッシングがあるのなら
そこに全てまとめるように申し込んでも良いし、
元々借り入れているところで利息の低いところがあるのなら
そのキャッシング会社と交渉してみても良いかもしれません。

一つ注意しておくべき事があるとするのなら完済したあとのカードは
持っておくべきではありません。
持ってると使ってしまい、結局何のためにキャッシングの一本化をしたのかすら
分からなくなってしまうからです。

スポンサードリンク
スポンサーサイト
信用情報機関は三つあり、それぞれが消費者金融
(全国信用情報センター連合会)、クレジット(CIC)、
銀行(全国銀行個人信用情報センター)を
それぞれ専門に受け持っていたようです。

たとえば銀行で借入を受けていてもクレジットの方には
情報が行かない(逆にクレジットの情報は銀行には
行っていたようです)といった形の抜け穴があったのですが
今では三つの信用機関それぞれをほぼ全て共通のデータベースを
持っていると思ってもかまわないと思います。

とくにキャッシングに対しては以前に比べると厳しくなっているので
多くの信用情報機関を使っていると思って間違いないでしょう。

また、信用情報機関の情報は一般的には有料で一回の照会につき
500円ほどかかるようです。

キャッシングの申し込みごとにそれが行われていてその負担が全て
キャッシングの際の利息からまかなわれているのは言うまでもないでしょう。

私たちが信用情報機関を利用することも可能なようです。
非常にデリケートな情報ですが探偵などが実は利用して
個人情報を照会しているといった形の事が実際に探偵業をしていた人の
書いた書籍などで語られていることもあります。

興味のある方はそういった書籍も読んでみてはどうでしょうか。

スポンサードリンク
キャッシングする際に避けては通れないのが「審査」です。
一体何を調べるのかというとちょっと不透明なところが
あるのではないでしょうか

信用情報機関というものをご存じの方は少ないと思います。
信用情報というのは過去に金融機関を使った場合にその履歴を
収集し情報を金融機関に提供する役割を担っています。
扱われている内容は大きく三つあります。

1.個人を特定する目的の情報

つまり、氏名、生年月日、性別、電話番号、そして勤務先 
勤務先の電話番号などがこれに当たります。

2.契約に関わる情報

借入日、その金額、入金履歴、予定日、その残高、完済日などです。
ほかの金融機関から借入がある場合はこの履歴も審査の対象となります。

3.事故情報(ブラックということです)

返済期日から滞納している日数、金額、そして解消されたかどうか、
自己破産、債務整理などの履歴がこれです。


こういった情報を元にキャッシングの可否が決められます。
実はこれにも落とし穴があるようで、実は結婚などで
名前が変わってしまうと情報が追いつかないでブラックなのに
借入ができてしまう場合があるようです。

また悪質な裏金融のような業者が債務整理された人をねらって
高利での融資話を持ちかける際にもこの情報が利用される場合が
あるようです。


スポンサードリンク
ブログ内検索
人気ブログランキング
外部リンク
SEO・アクセスアップ
キャッシングサービス関連リンク
お気に入り
RSSフィード
SEO対策:ローン SEO対策:クレジット SEO相互リンク.com 相互リンクのビックチャンス!
X-Signpost Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。